Please choose your preferred language.

※翻訳が不十分な場合があります。

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ

織部 陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ、織部という釉薬の紹介枠


美濃焼の伝統釉、総織部。深い緑色が魅力

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ、織部という釉薬の紹介枠の特徴の説明

織部は作品を中心に制作しています。
作品は大きく分けて3つの技法で作り分けてます。
「石目をつけ、くりぬいて作る作品」

「鎬を入れて、つなぎ合せる作品」

「手びねりの質感を生かした作品」

織部特有の激しく歪んだ面白い造形、釉薬の深い緑色、土の自然な荒々しさが魅力です。



陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ織部の枠、花器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ織部の枠、酒器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ織部の枠、食器の欄

炭化赤織部陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ、炭化赤織部というオリジナル釉薬の紹介枠


織部釉を使い、焼き方を工夫し仕上げたオリジナルの作品。茶から黒へグラデーションがかっている生地と、赤黒く変色した織部釉の毒々しさがポイント。

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ、炭化赤織部というオリジナル釉薬の紹介枠の特徴の説明

織部の派生として作っている作品で、炭化により茶から黒くグラデーションがかっている生地と、赤黒く変色した織部釉の毒々しさがポイント。

ちなみに緑釉の掛かったいわゆる織部とは全く違うのに「織部」としているのは、

武将古田織部が好んだ激しく歪んだ自由な形「織部好み」、から織部という呼ばれ方になったという「形」をさして織部という説があり、私はその説が好きだからです。



陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ炭化赤織部の枠、作品の欄

黄瀬戸 陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ、黄瀬戸という釉薬の紹介枠


美濃焼の伝統釉黄瀬戸。油揚げ手と呼ばれる独特の釉肌が特徴

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ、黄瀬戸という釉薬の紹介枠の特徴の説明

織部とは違って、使いやすく品の良い形を心がけています。
鮮やかだけど深い色合いの黄瀬戸は料理を引き立ててくれます。
黄瀬戸は本当に難しく、毎回少しずつ表情がちがいます。

油揚げ手(字の如く油揚げのような肌感)と呼ばれる独特の肌が特徴で、しっとりとツヤのある質感は窯焚きの時のほんの少しの熱量の差で釉が完全に溶けてしまうのでとても難しい焼物です。



陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ黄瀬戸の枠、花器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ黄瀬戸の枠、酒器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ黄瀬戸の枠、食器の欄

輝白(きはく) 陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ、輝白(きはく)というオリジナル釉薬の紹介枠


オリジナルの釉薬。輝く白い釉薬なので「輝白(きはく)」釉とした。

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ、輝白(きはく)というオリジナル釉薬の紹介枠の特徴の説明

見た目の通り輝く白い釉薬となったので輝白釉としました。

黄瀬戸同様扱いの難しい釉薬で毎回すこしづつ表情が違います。

作品を中心に制作しています。



陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の西山奈津作品のページ輝白(きはく)の枠、作品の欄