Please choose your preferred language.

※翻訳が不十分な場合があります。

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ

カタ糠 陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ、カタ糠という釉薬の紹介枠


益子の伝統釉カタ糠釉のマクロ画像。石のような硬い質感、釉が縮れて表情豊か

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ、カタ糠という釉薬の紹介枠の特徴の説明

糠釉よりも硬めな質感。なのでカタ糠。本来は硬糠と書くのかもしれません。
岩のような硬い質感ですが、釉薬がちゃんと溶けているので角が取れたサラッとした触り心地。
こういった硬めな質感の釉薬は温度管理が難しく、低すぎると溶けませんし、高すぎると質感が出ません。

釉が縮れているのも焼物特有の表情で魅力のひとつ



陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページカタ糠の枠、花器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページカタ糠の枠、酒器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページカタ糠の枠、茶器の欄

青流 陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ、青流しという釉薬の紹介枠


益子の伝統釉糠青磁釉(益子青磁)を縁から流している青流し。焼き方を試行錯誤し窯変を出している。

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ、青流という釉薬の紹介枠の特徴の説明

益子の伝統釉、糠白釉に酸化銅を添加すると緑色に発色する糠青磁釉(益子青磁)になります。

糠白釉をベースにかけ、糠青磁釉をフチに施釉し、焼くと糠青磁が流れるので青流といいます。

焼き方を試行錯誤したので、糠青磁はより流れているのに糠から浸食されているようなちょっと独特な表情に窯変しています。



陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ青流の枠、花器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ青流の枠、酒器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ青流の枠、茶器の欄

糠青磁 陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ、糠青磁という釉薬の紹介枠


益子焼の伝統釉糠青磁(益子青磁)。本来は緑色だが調合比を変え、水色になるように調整した。

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ、糠青磁という釉薬の紹介枠の特徴の説明

糠釉に銅を添加すると糠青磁になります。

本来糠青磁は緑色ですが釉薬の調合を変えて水色になるよう調整しました。

綺麗な水色になったので、綺麗に精製された肌理の細かい白土を使い作っています。



陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ糠青磁の枠、花器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ糠青磁の枠、食器の欄

陶芸家、小林雄一、西山奈津のホームページの中の小林雄一作品のページ糠青磁の枠、茶器の欄